鼻の角栓はピンセットで取ってもOK?いちご鼻が気になるあなた、つるつるの鼻になりませんか?

鼻の角栓が目立つとき、ピンセットで取ってしまいたいと思う方は多いのではないでしょうか?しかし、忘れてはいけないのが、肌をいたわることです。ピンセットで取ってしまっていいのかどうか、正しい取り方がどういうものなのかについて知っておきましょう。

気になる鼻の角栓、ピンセットで取ってもいい?

ピンセットでつまむことで、取れそうな角栓。とくに大きいものだと鼻パックをするよりも簡単に取れそうなので、取ってしまいたくなります。しかし、本当にピンセットで取ってしまっていいのでしょうか?実は、肌にとってはデメリットがあるのです。

ピンセットで角栓を取ってはいけないワケ

ピンセットで角栓を取ってはいけない理由を具体的にお伝えしましょう。

角栓周りの肌を傷めてしまう

ピンセットで角栓を除去しようとすると、どうしても角栓周りの肌を痛めてしまう恐れがあります。素人では、力の入れ加減や効果的な取り方などが分かりにくいためです。また一般的なピンセットは角栓に対して大きいので、除去しにくいために力を入れすぎてしまう傾向があります。

いちご鼻が悪化する原因に

毛穴をピンセットなどでいじることになり、毛穴自体が大きく開いてしまう原因になります。そのため、開いた毛穴に皮脂汚れなどが入ると、以前よりも毛穴が目立つようになって、いちご鼻が悪化することになるのです。

正しい角栓の取り方

角栓はピンセット以外のやり方で除去しましょう。肌をいたわりながらきれいに取れる方法をお教えします。

蒸しタオル等でパック後、やさしく洗顔する

温かい蒸しタオルを顔にあてて、まずは毛穴を自然に開きましょう。毛穴が開いた状態で洗顔すれば、毛穴汚れがすっきり落とせます。これは、1回のみの実践ではなく、習慣化することで徐々に効果があらわれます。

細い毛のブラシ洗顔も、盛り上がった角栓には有効

先が細いブラシを使って洗顔を行う方法も有効的です。とくに角栓が盛り上がっていて、すぐに出てきそうな状態のものに適しています。ゴシゴシこすると肌を傷つけてしまうので、力加減を調整しながらやさしくマッサージする感覚で使用しましょう。使用するブラシ自体も毛がやわらかいものを選ぶことができればベストです。

指の腹を使い、軽く優しく押して出す

こちらも今すぐ出てきそうな角栓を発見したときに試したい方法です。角栓を除去しやすくするために、あらかじめ蒸しタオルを顔にあてて毛穴を開いておきましょう。次に鏡を見ながら指の腹を使って、毛穴から角栓を押し出してみてください。にゅるっと飛び出てくれば成功です。無理に押し出そうとして爪でつまんでしまうと肌を傷つけてしまうので控えましょう。どうしても指で取り出せない角栓は、細い毛のブラシを使用して洗顔をしてください。

週に1度の毛穴パック

すっきり角栓を除去したい方は、市販の毛穴パックを使用してもいいでしょう。ただしやりすぎは禁物で、肌質や状態に合わせて使うようにしてください。使用方法は商品パッケージに書かれている方法や使用時間を遵守し、自己判断に陥らないようにしてください。肌のために使用は2~1週間に1度くらいにとどめましょう。そして、使用後は化粧水や美容液で肌をケアすることを忘れないようにしてください。

どうしてもピンセットで取りたい場合

どうしてもピンセットが楽だから、ピンセットで角栓を取りたいという方は、極力肌を傷つけないで取れる方法をお教えします。毎日の使用は控え、あくまで気になるときだけ行ってみてください。

角栓を取る前に蒸しタオルなどで肌をやわらかくする

角栓を取る前は蒸したタオルをあてて肌をやわらかくし、毛穴を開いておきましょう。ピンセットでつまんだときにも除去しやすくなります。

先のとがったピンセットや角栓取り専用の毛抜きを使う

使用するピンセットは、なるべく先のとがったものや角栓取り専用の毛抜きを使用しましょう。先がとがっているほうが、小さい角栓が除去しやすく、肌にダメージを与えてしまう面積を制限することができます。

抜いたあとの肌のケアも忘れずに

角栓を取り除いた後、そのまま放置するのは避けましょう。毛穴が開きがちになっているので、また皮脂汚れなどが入れば毛穴が目立ち、いちご鼻の原因になります。化粧水や美容液などで毛穴を引き締めたり、ピンセットによって傷んでしまった肌をケアしてあげましょう。

角質をつまらせないために

鼻の角栓をピンセットで除去することについては、肌を痛めやすいため、できればほかの方法で行っていただきたいものです。まずは洗顔や指の腹で取る方法を実践してみて、除去できないかやってみましょう。どうしてもピンセットで取りたい場合は、先のとがったものを使用して注意しながら行い、除去した後は化粧水などでケアすることを忘れないでください。角質をつまらせないためには毎日の洗顔をきちんと行い、普段から角栓が目立ちにくい肌を作ることから始めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。