鼻のポツポツを治したい方必見!ちょっとした日々の心掛けで長年の悩みが解消するかも?!

気になる鼻のポツポツを治したいとお悩みの方はいませんか?鼻にできた黒いポツポツは鏡を見るたびに気になりますよね。ここでは、身近なことから始められる改善法をご紹介しています。スキンケアを見直して鼻の黒ずみを解消しましょう。

そもそも鼻の黒いポツポツ、どうしてできるの?

鼻のポツポツに悩みを感じる人は、男女ともに多いです。そもそも黒いポツポツはどうしてできるのでしょうか。

毛穴に詰まった皮脂や角質

鼻にできたポツポツの正体は、毛穴に詰まった皮脂や角質です。これらにメイクの油やほこりなどの汚れが混ざると、角栓ができてポツポツが目立つようになります。さらに、角栓が酸化することで黒ずんだ色に変化してきます。

鼻のポツポツを治す方法

鼻でできたポツポツを取り除く方法には、次のようなものがあります。セルフケアのヒントにしてください。

洗顔・保湿後、オイルをしみこませた綿棒を鼻の上でコロコロする

鼻にできた角質の改善に、オイルと綿棒を使ったケア方法があります。手順は、洗顔と保湿を行った肌の上から、オイルをしみこませが綿棒をころがすだけです。この方法では、毛穴に詰まった皮脂をオイルの成分が溶かして、鼻のポツポツを解消していくことが期待できます。使用するオイルは、皮脂に近い成分が含まれているオリーブオイル、椿油、米ぬかオイルなど使うと肌に優しくおすすめです。

オロナインをたっぷり塗り、洗い流す

吹き出物などに使用するオロナインを、洗顔前に鼻に塗って10~15分ほど蒸しタオルをあててから洗顔すると、角栓ケアに効果があるとされます。オロナインを使ったパックは肌の状態を見て行い、洗顔後はしっかり保湿をしましょう。

保冷剤などで毛穴を引き締める

洗顔後のすすぎは肌に負担が少なく、必要な皮脂まで洗い流さないように、ぬるま湯ですすぐことが基本です。その後、さらに冷水ですすぐと肌が引き締められますが、毛穴の開きが目立つようでしたら、保冷材などをタオルで包んで冷やすと、引き締め効果が高まるでしょう。このとき、冷たい保冷剤を直接あてないように注意してください。

毛穴パックは皮膚を傷めるのでおすすめできない

鼻のポツポツを簡単に取る方法に毛穴パックがあります。毛穴パックはとても便利ですが、鼻に貼って無理に剥がす方法は肌にダメージをあたえるとともに、角栓だけでなく肌を保護する役割のある皮脂まで奪い取ってしまうため、あまりおすすめできません。

鼻のポツポツを改善するスキンケア方法

鼻のポツポツを改善するためには、角栓を予防するためのスキンケアが大切です。ここからは、スキンケアの注意点をご紹介します。

潤いを残して、余分な皮脂や汚れだけを洗い流せる洗顔料を使う

鼻の角栓は皮脂の過剰分泌が原因でできます。しかし、皮脂を洗い流そうと洗浄力の強い洗顔料を使うことは、鼻以外の部分を乾燥させてしまうことにつながります。洗顔は、潤いを残してTゾーンなどの余分な皮脂や汚れを洗い流せるタイプを選びましょう。

保湿効果のある化粧水等を選ぶ

鼻のポツポツを改善するためには肌の保湿も重要です。乾燥した肌は角質が硬くなり毛穴がふさがって角栓ができやすくなります。毛穴の奥の皮脂がスムーズに排出できるためにも、洗顔後は保湿効果のある化粧品を使用して肌の潤いを守りましょう。

過剰な洗顔は、逆の鼻のブツブツを目立たせてしまうこともあるので注意

鼻の皮脂を洗い流すために過剰な洗顔を行うと、バリア機能の役割がある皮脂まで洗い流してしまいます。その結果、体は皮脂が足りないと判断して過剰分泌をさせてしまうため、かえって鼻のポツポツを目立たせることになりますので注意しましょう。

その他体のブツブツの治し方

鼻の他にも体に現れるブツブツには次のようなものがあります。治し方と一緒に見てみましょう。

脚編

脚に現れるブツブツには、ムダ毛の処理によるカミソリ負けや毛穴が黒く目立つことが考えられます。かゆみをともなう赤いブツブツのカミソリ負けには、肌への刺激を控えて患部の炎症を冷やすことが大切です。痛みが長引く場合は、皮膚科を受診するようにしましょう。毛穴が黒く目立つ場合には、ピーリングなどの角質ケアと保湿をしっかり行いましょう。

目の下編

目の下にできた白いブツブツは、稗粒腫(はいりゅうしゅ)や汗管腫(かんかんしゅ)が考えられます。稗粒腫は脂肪の塊と言われており、直径1~2mmほどの白い粒が角質に現れることが特徴です。汗管腫はしこりのある直径1~5mmほどの形状で、汗腺の一つであるエクリン腺の増殖が原因とされます。稗粒腫の場合は自然に治ることもありますが、気になるときは皮膚科や美容外科で専門医による治療を受けましょう。

腕編

二の腕にブツブツができた場合は、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)が考えられます。毛孔性苔癬とは、開いた毛穴の中に角質が広がり表皮が盛り上がる皮膚病の一つです。毛孔性苔癬の治療には市販薬も販売されていますが、症状の改善が見られない場合は、皮膚科で適切な治療を行いましょう。

目指せ黒ずみのないきれいな肌!

鼻のポツポツは、毛穴に溜まった皮脂が角栓となり酸化して黒ずんだことが原因でした。角栓を取り除くためには、皮膚に強い刺激を加えることは避けて、丁寧な洗顔と保湿をしっかり行うことが基本です。そのうえで、オイルを使った角栓ケアや毛穴の引き締めで鼻のポツポツも改善していきましょう。黒ずみのある肌は、顔の色まで悪くさせます。正しいスキンケアで肌のトーンを上げて、きれいな肌を手に入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です